自らが育てる

「黒毛和牛の本当の美味しさを味わってほし
い。」泰元はその強い想いから、泰元自身が
責任を持って牛を育て上げるという答えに辿
り着きました。
泰元農家では、子牛から立派な黒毛和牛「泰
元牛」になるまでを、育てる環境、餌、愛情
と、一切妥協なく心を尽くして育て上げ、皆
様へご提供致します。
自分達で育て上げ、直営店で提供するからこ
その社会的責任もございますが、それは泰元
から皆様への「本当に美味しい黒毛和牛の味
を届け続ける」という約束です。
泰元がお届けする、肉本来の旨味が凝縮され
た「泰元牛」を心ゆくまでお愉しみ下さい。

4つの答え

鹿児島県出水市

泰元牛が育て上げられるのは、鹿児島県出水市。この地は、出水平野の豊かな自然、清らかな水を求めて、特別天然記念物のツルが渡来する地としても知られています。
その豊かな風土は牛を育てるのにも最適。その環境が、牛をのびのびと美味しく育てます。
出水平野には、特別天然記念物のツルが毎年一万羽渡来し、越冬します。ツルが越冬地として選ぶのは、豊かな環境である証拠。かつては九州にも数カ所あったとされる越冬地も、現在では出水のみとなっています。

地

牧場(牛入り)

農場

ツル

deco

飼料が牛を美味しくする

泰元は、生産農家の手によって生後九ヶ月目まで育てられた仔牛を仕入れ、その後の20か月間、目をかけて育てます。仕入れる仔牛にも譲れないこだわりがあり、競りにおいて『優秀な成績を収めた牛と同じ系統の仔牛』のみを仕入れます。
仔牛は、畜産農家が与える物しか口にできないため、与える餌によって肉の味が決まるといっても過言ではありません。それゆえ、泰元は飼料に強いこだわりをもっています。
市販の配合飼料は一切与えず、麦、ふすま、トウモロコシ等を独自配合し、厳選した飼料だけを与え、本当に美味しい肉の味を実現させています。

飼料

deco

牛舎には一頭ずつ

泰元は最高に美味しい牛を育てるため、牛にとっての最
良は何かと常に考えています。人間がストレスを感じる
と体調に良くない変化が現れるように、牛にとってもス
トレスは大きな負となります。そこで泰元は、牛の大き
さによって牛舎を分け、成長するごとに牛舎を変えたり、
ある程度の大きさになると、一頭ずつ分けて飼育したり
しています。

想い
泰元は牛舎を清潔に保つことも心がけており、牛舎はほとんど匂いがしない程の状態に保たれています。

 トリミング

 掃除

deco

10頭に1頭

牛肉はA5やA4など、良い肉の基準としてのランクがよく知られていますが、泰元ではランクだけを見て仕入れるのではなく、肉の質、旨みを重視し、「肉の味がしっかりしている本当に美味しい肉」を選び、店舗でご提供しています。
環境や飼料等にこだわり抜き、一般的には良質とされる牛が育つ泰元の畜産農家ですが、泰元ではその中でもより「美味しい肉」のみを厳選します。選ぶ基準は農家の男たちの確かな舌。育てた後、実際に己の舌で味を確かめた上、納得した肉のみを店舗へ送ります。農家の男たちを納得させるのは平均的に見て、充分育った自慢の牛10頭のうちわずか1頭のみ。泰元が店舗で皆様へご提供する牛たちは、10分の1頭の選ばれし牛なのです。

味

肉(カット後)

泰元の新たな挑戦

赤ちゃんからの一貫飼育

産み育てる

最高に美味しい牛を味わっていただくため、泰元は常に「より美味しい牛を生み出す方法」を模索しています。そこで辿り着いたことは『出生から携わり、泰元の管理の下で赤ちゃん牛から成牛まで育て上げる』ということです。これまでも、上質な仔牛のみを仕入れることで、本当に美味しい黒毛和牛に育て上げてきましたが、この「産み育てる」環境を持つことで、より高い次元での美味しさをご提供したいと考えています。『最高をこえる美味しさ』に是非ご期待下さい。

出産

出産から携わることで、生まれて間もない状態から、泰元がこだわる豊かな風土、清らかな水、独自配合のおいしく安全な資料などの優れた環境での飼育が可能となります。それは、仔牛まで育った状態から育てる現在と比べ、「泰元牛」をさらに美味しい牛へと昇華させることになるはずです。

飼育

牧場

えさ

お世話

どこまでも美味しいを求めて